2017年1月16日 更新

旬のファーを手軽に取り込むかんたんヘアアレンジ

女性にとって髪の毛は命!と昔から言われているように、髪は自分を表現するための、とても大切な部分! 男性も髪の毛をちゃんとしている女性に惹かれるものです。 髪を飾るなら今年の流行を取り入れたいもの。 今が旬のファーを取り入れて、褒められ可愛いヘアスタイルを作っちゃいましょう。

383 view お気に入り 0

バレッタを使って簡単にカワイイアレンジをしよう!

ヘアアレンジをするときに、普段からどんなことをしていますか?
ピンで留めたり、ゴムで縛ったり、気分や洋服に合わせてヘアアレンジをしていると思います。
毎日のヘアアレンジを、より簡単に、より楽に、そして可愛さをプラスする方法として、バレッタがオススメです!
パチンと挟むだけだから、初心者さんでも簡単に使うことができます。

(1)シンプルバレッタスタイル
Instagram (3441)

ヘアゴムで1つに縛り、バレッタをパチンとするだけ。
とっても簡単なバレッタアレンジ。

(2)ロングでもこんな使い方が
Instagram (3439)

こんなカワイイバレッタの使い方が!
これなら私でもできそう!だと思いませんか?

バレッタに旬のファーをプラス!

(3)カワイイファープラス
Instagram (3435)

ファーをプラスすることで、一気に冬の季節感が演出できます。
ゴムで縛った髪の毛に上からパチンとするだけなので、とっても簡単!

(4)ロングヘアにもピッタリ
Instagram (3433)

ファーが加わるだけで、女の子らしさが一気にアップします。

(5)印象の強いビーズバレッタ
Instagram (3431)

ビーズバレッタにファーが付いた、インディアンを連想させるバレッタ。
見た人の注目を集めること間違いなし!
合わせる洋服はカジュアル系。
デニムとの相性ばつぐんです。

Marissa(マリッサ)ミンクバレッタ

3,800
女性の憧れのミンクファーを贅沢に使用した、リボンデザインの大人可愛いバレッタです。可憐なミンクファーの絶妙バランスは甘くなりすぎない大人の魅力に。合わせるコーデによって、ガーリーにもエレガントにも表情を変えるアイテムです。

素材:ミンクファー
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

どんな髪型?シーン別、着物に合わせたヘアアレンジまとめ

どんな髪型?シーン別、着物に合わせたヘアアレンジまとめ

普段着物を着ない人が、急に着物を着ることになったらどんなヘアスタイルにすれば良いか悩んでしまいませんか? せっかく着物を着るのなら、お洒落に可愛くキメたいですよね? 大切な節目に着る、着物にピッタリのヘアスタイルをご紹介します。
【2018AW】毎日のコーデに差をつけるならワントーンコーデ!小物&アクセサリーでさらにオシャレに♡

【2018AW】毎日のコーデに差をつけるならワントーンコーデ!小物&アクセサリーでさらにオシャレに♡

今年の秋冬もワントーン、ワンカラーコーデでオシャレしませんか?ワントーンコーデは小物やアクセサリーでメリハリをつけると取り入れるとオシャレに仕上がります♡今回はおすすめのコーデと小物・アクセサリーの合わせ方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
お仕事終わりのパーティースタイル!時間がなくても華やかになれるアクセサリーの選び方とは

お仕事終わりのパーティースタイル!時間がなくても華やかになれるアクセサリーの選び方とは

ホテルでの同窓会やお食事、パーティーなど、社会人になると増えるものですよね。パーティースタイルできちんとオシャレしていきたいのにお仕事終わりで時間がない…そんなお悩みを今回は解決します!すぐに華やかなスタイルに変身できるおすすめアクセサリーをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
お気に入りのピアスももっと可愛く見せる!ヘアスタイルとのおすすめ合わせ方

お気に入りのピアスももっと可愛く見せる!ヘアスタイルとのおすすめ合わせ方

可愛くてお気に入りのピアスが髪に隠れてしまっていたら勿体ないですよね。ピアスはヘアアレンジとの組み合わせがとても大切です。今回はピアスをもっと可愛く見せるヘアアレンジをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
華やかで個性的なアレンジで主役になろう!ホテルパーティーのおすすめヘア&アクセサリー

華やかで個性的なアレンジで主役になろう!ホテルパーティーのおすすめヘア&アクセサリー

社会人になると、ホテルで行われるパーティーに行く機会もあるかとおもいます。せっかくのパーティーですから、お洋服だけでなくヘアスタイルにもこだわりたいですよね。今回は髪の長さ別に、おすすめのパーティー用ヘアスタイルをご紹介します!ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Sparkle Box編集部 Sparkle Box編集部