2018年8月29日 更新

配色コーデをおさえればコーデでもう迷わない!結婚式でのお呼ばれスタイルの作り方

結婚式でのお呼ばれコーデは、ドレスワンピースとヒールパンプス、バッグ、のカラーの組み合わせが大切ですよね。今回は、基本の配色ルールと、結婚式におすすめの配色コーデをご紹介します。配色ルールは毎日のコーデづくりにも役に立ちますから、ぜひ参考にしてみてくださいね。

64 view お気に入り 0

配色ルールの基本を理解しよう

A post shared by ame.☂︎ (@ameiro_w) on

毎日のコーデを決めるときも、お呼ばれ結婚式のコーデを考えるときも、一番のポイントとなるのは「配色」を考えることです。
まずは、その配色ルールを確認しましょう!
覚えてしまえば、意外と簡単ですよ。

配色ルール①
コーデの色は2色か3色におさえましょう。
3色にする場合は、コーデの全体を占めるベースカラーと、そこに添えるようなアソートカラー、そして差し色として使うアクセントカラーを決めてください。
2色の場合は、ベースカラーを決め、あとはアクセントカラーを取り入れてください。

カラーバランスは、ベース:アソート:アクセント=6:3:1がベストです。
こちらの割合は大体のものですが、このくらいの割合でコーデを組むと、バランスの良いすっきりとしたコーデに仕上がります。

配色ルール②
2色コーデのときも、3色コーデのときも、カラーのトーンを揃えることが大切です。
パステルカラーやダークトーン、ビビッドカラーなど、カラートーンを揃えるとコーデを合わせやすくなります。

近年話題のパーソナルカラー診断をご存知ですか?
人それぞれに合うカラーを、髪や肌の色、目や唇の色などから診断するもので、パーソナルカラーを意識すると、自分にあったカラートーンを選びやすくなります。
配色コーデも上手くいきますので、ぜひパーソナルカラーを調べてみてくださいね。

配色ルール③
アクセントカラーは同系色か反対色にしましょう。
アクセントカラーはコーデにメリハリをつけるためにとても大切です。
同系色のアクセントカラーを選んだ場合は、落ち着きのある大人の女性なスタイルになりますし、反対色の場合はコーデによりメリハリのついたパキっとしたスタイルに仕上がりますよ。

これらの配色ルールを使った結婚式のお呼ばれスタイルを、次の項目でご紹介します!

結婚式でおすすめの配色コーデ①同系色できれいめスタイル

A post shared by Dressy_HOLIC (@dressy_holic) on

まずは、同系色でまとめた配色コーデをご紹介します。

こちらの写真のコーデは、2色コーデです。
ベースカラーにグレー、アクセントとしてバッグに同系色のホワイトを取り入れているので、落ち着きのある大人な雰囲気のお呼ばれスタイルに仕上がっています。

ヒールパンプスもお洋服と同じグレーと取り入れていますが、素材が異なりヒールパンプスの方が輝きが強いので、カラー数は少ないですが、華やかな印象ですよね。

同系色の2色コーデにするときは、素材を異なるものに変えると、ワンランク上のオシャレが楽しめますよ。

A post shared by @from_reflet on

結婚式でのお呼ばれスタイルの定番、ネイビーのドレスワンピース。
ネイビーのドレスワンピースでの3色の同系色コーデのおすすめは、ネイビーのドレスワンピースにグレーとホワイトを合わせたスタイルです。

同系色でまとめていますが、カラーが3色になることで華やかなスタイルに仕上がります。

ホワイトは結婚式では花嫁の特権のカラーですので、コーデに取り入れる際は、写真のように異なったカラーのスパンコールがついていてホワイトが目立たないようなデザインを選ぶか、薄ピンクやベージュに変えて取り入れてみてください。

結婚式でおすすめの配色コーデ②反対色ですっきりスタイル

A post shared by @from_reflet on

続いて、反対色を使った配色コーデをご紹介します。
淡いパステルカラーのドレスワンピースを選んだ場合は、ブラックやグレーなどの反対色を加えるとコーデにメリハリがつき、バランスの取れたスタイルに仕上がります。
ピンク系のドレスワンピースにはブラックが、ベージュ系のドレスワンピースにはグレーがおすすめです。

また3色コーデにする場合のヒールパンプスは、ドレスワンピースと同系色のものを選ぶのが無難です。
2色コーデにする場合はバッグと色を合わせてくださいね。

A post shared by @from_reflet on

お呼ばれ結婚式には、定番のネイビーなどブルー系を選んでもお祝いに相応しいスタイルになります。
写真のような淡いブルーにはグレーやブラックが反対色としてアクセントになってくれます。
濃いブルーやネイビーの場合は、ピンクなどの明るいカラーを選んでみてください。

ただし、カラーも様々なトーンがありますので、実際に着用して決めることが大切です。
色の濃淡を意識して、配色コーデを完成させてくださいね。

迷ったときは万能カラーに頼ろう

ブラック、グレー、ネイビーは迷ったときの万能カラーです。
この3色は、どのカラーを組み合わせてもコーデにグラデーションをつくってくれますので、ベース、アソート、アクセントを悩まずにコーデを決めることができます。

忙しくてコーデを考えている暇がない!どうしてもコーデが決められない!そんな方はぜひ参考にしてみてくださいね。

配色ルールでカラーコーデを楽しもう!

配色ルールは慣れてしまえば簡単です。
結婚式のお呼ばれだけでなく、毎日のコーデにも使える配色コーデ、ぜひ意識してみてくださいね。
お洋服選びが、もっと楽しくなりますよ。
18 件
スパークルボックス

関連する記事 こんな記事も人気です♪

30代のお呼ばれ結婚式は大人キレイなスタイルで!きちんと感を出すために気を付けてほしいポイント

30代のお呼ばれ結婚式は大人キレイなスタイルで!きちんと感を出すために気を付けてほしいポイント

20代の頃に買ったお呼ばれ結婚式のドレス、30代になったらなんだか似合わない気がする…そんな経験はありませんか?30代になると、20代の頃にはなかった落ち着いた大人の女性らしい魅力が出てくるものです。そのため、可愛さや若さを意識したドレスが似合わなくなることもしばしば。そんな今回は、30代の大人の女性だからこそ美しく着こなせるドレスの選び方をご紹介します!ぜひ参考にしてみてくださいね。
30代のお呼ばれ結婚式は品の良さ&大人キレイを意識しよう!失敗しないネックレスの選び方とは?

30代のお呼ばれ結婚式は品の良さ&大人キレイを意識しよう!失敗しないネックレスの選び方とは?

結婚式には新郎新婦の親族や会社関係の方々など様々な年齢層のゲストが参加します。そのため30代女性のお呼ばれ結婚式コーデは、20代の時とは違ったお上品さと大人キレイさを意識する必要があります。今回はネックレスの選び方はご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください♪
お呼ばれコーデでもう迷わない!基本配色を学んで華やかなスタイルをつくろう

お呼ばれコーデでもう迷わない!基本配色を学んで華やかなスタイルをつくろう

お呼ばれ結婚式でのコーデはいつでも悩んでしまうものです。そんなとき、基本の配色コーデを知っていればお呼ばれスタイルもすぐにつくることができますよ!毎日のお洋服にも配色コーデは役に立ちますから、ぜひ参考にしてみてくださいね。
マナー違反に気を付けて!お呼ばれ結婚式でのNGスタイル

マナー違反に気を付けて!お呼ばれ結婚式でのNGスタイル

結婚式のお呼ばれコーデは細かいマナーがたくさんあります。マナーを無視したコーデで結婚式に出席すると、新郎新婦やご家族、他のゲストの方々にも不快な思いをさせてしまう可能性があります。今回はお祝いの席で気を付けてほしいコーデのマナーをご紹介します。お呼ばれに相応しいコーデの作り方をもう一度確認しましょう。
知っているようで知らないお呼ばれ結婚式での服装マナー!大人の常識をもう一度確認しよう

知っているようで知らないお呼ばれ結婚式での服装マナー!大人の常識をもう一度確認しよう

お呼ばれ結婚式での服装のマナーは意外と細かくあり、知っているようで知らなかったものがあるものです。今回はお呼ばれのスタイルに相応しくないコーデと、注意してほしいポイントをご紹介します。お呼ばれ結婚式での服装マナーをもう一度確認して、お祝いにぴったりなコーデでお呼ばれ結婚式に行きましょう!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Sparklebox 編集部

おすすめの記事

今注目の記事

sparkleboxlove
Sparkle Box instagram