2017年1月31日 更新

トレンド取り入れバレンタインデートコーデ!その②【コナレ系】

バレンタインデーに大好きな彼に手作りチョコを作ったり、プレゼントを考えたりしている人も多いのでは? もちろん渡すプレゼントも大切だけど、デートに行くなら服装も重要です! ただし、気合を入れすぎて、露出度多めのタイトなワンピだと彼氏もビックリ。。 寒さ対策も出来て見た目も可愛い!コナレ系コーデをご紹介します。

290 view お気に入り 0

バレンタインにオススメ!コナレ系ニットコーデ

コナレ系のニットコーデなら、気合入りすぎました感もなくて、大人のデートが楽しめます。
2月の寒い季節でも、寒さを我慢せずに着られるから嬉しいですね。
Instagram (3671)

コナレ感バッチリの大人の女性コーデ。
これなら簡単に挑戦することができちゃいます。
女性として忘れたくないのはキレイ目感。
このコーデならどちらも取り入れられるので、彼からの評価も◎!
Instagram (3669)

コナレ感抜群のリラックスコーデ。
このコーデならアクティブデートでも安心!
この上にコートを羽織れば、寒さ対策もバッチリなので屋外のお散歩にもオススメです。

女の子だもん、コナレガーリー系コーデ

ガーリーコーデは男性ウケ間違いなし!
女の子らしさをアピールして、彼にドキドキしてもらえるコーデを考えましょう!
Instagram (3665)

大人女子のコナレ感コーデ。
女の子らしさを演出したコーデで、彼の心をガッチリつかめるでしょう!
ピンク系ではなくブルー系でまとめることで、甘すぎず大人感が演出できています。

彼も大好き!可愛い大人ニットワンピ

今流行りのニットワンピ。
一枚羽織るだけで簡単にコーデが決まるので、どんなコーデにしようか悩んでいる人にはオススメです。
Instagram (3783)

男性が大好きなニットワンピ!
それをバレンタインコーデに取り入れるのはオススメです。
彼がスポーティな服装が好きなら、それにあわせてカジュアル系にまとめてみるのが良いかも。
Instagram (3659)

18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バレンタインデートコーデのワンポイント講座【アラサー編】

バレンタインデートコーデのワンポイント講座【アラサー編】

2月14日はバレンタインデー! 学生の頃や、20代の頃は付き合っている彼氏にプレゼントしたり、お菓子を作って女友達と交換したり。会社の女性社員と一緒に、会社の男性にギリチョコを配ったり。 「今じゃそんなこともしていないなー。」とバレンタインデーから離れがちなアナタ。 年齢と共にバレンタインが徐々に薄れがちですが、年齢なんか関係ない! せっかくの年1回のイベントなんだから、アラサーなりのバレンタインを楽しんじゃいましょう!
トレンド取り入れバレンタインデートコーデ!その①【カワイイ系・オトナ系】

トレンド取り入れバレンタインデートコーデ!その①【カワイイ系・オトナ系】

バレンタインデーは彼氏と一緒にデートをする予定の人も多いハズ! そんなバレンタインデートに、何を着て行こうか悩んでいませんか? 今回はバレンタインデートにオススメの「カワイイ系コーデ」と「大人系コーデ」をご紹介しちゃいます!
ワイドパンツで下半身の痩せを狙おう!夏のおすすめワイドパンツコーデ

ワイドパンツで下半身の痩せを狙おう!夏のおすすめワイドパンツコーデ

以前はトレンドだったワイドパンツも、現在ではオフィスやお出かけ用など、様々シーンで着回せるため、コーデには必要不可欠なアイテムになってきています。またワイドパンツは下半身を華奢に見せられるため、女性には嬉しいアイテムですよね。今回はそんなワイドパンツのおすすめ夏コーデをご紹介します!
【2018年夏】定番のキャミソールコーデを今年らしく着こなそう!トレンドのデザインとは

【2018年夏】定番のキャミソールコーデを今年らしく着こなそう!トレンドのデザインとは

夏のコーデに定番のキャミソール。2018年の夏は昨年とは少し変わったキャミソールがトレンドです。一枚でさらっと着こなせるデザインから、シンプルなトップスと合わせて着るのがおしゃれなものまで、形やデザインは様々。今回は今年らしいキャミソールの着こなし方をご紹介します。
今年もチョコっと♪バレンタインチョコレートコーデ術

今年もチョコっと♪バレンタインチョコレートコーデ術

バレンタインデーが近づいてきました。 チョコレートの準備をし始めた人もいるかもしれません。 チョコレートと渡すときのファッションについて、今から準備はしていますか? せっかくのバレンタインデーだから、チョコレートカラーでまとめてみるのもアリ! 今回は大人に見せられる、チョコレートカラーコーデをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Sparkle Box編集部 Sparkle Box編集部