2021年3月4日 更新

ブローチでスタイルアップ!

ブローチはフォーマルシーンで活躍してくれるアクセサリー。普段のコーディネイトでも、綺麗めなトップスやワンピースと合わせて簡単にスタイルアップしてくれます。今回は、こなれ感のあるブローチの付け方をご紹介します。

229 view お気に入り 0

ブローチで視線を上に集めて!

アクセサリーを身につけると、そこに視線を集めることができます。ということは、逆に、気になる部分から視線をそらす事ができるのです。
例えば、ブローチも、胸元の高い位置や襟元につけるとそこに目がいくので、背の低めの方もバランス良く見せてくれます。また、肩幅が広めの方は、少し内側に。肩幅が狭めの方は、気持ち外側に着けると効果的です。
 (9328)

お顔うつりを明るく!

大きめのブローチは特にお顔のお悩みにも。お顔とのバランスで、小顔に見えたり、お顔うつりを明るくきれいに見せてくれる嬉しい効果も。
 (9327)

 (9340)

こなれ感のある重ね付け

ブローチでこなれ感を出すには、ブローチとネックレスを重ね付けしてみてください。視線を上に集めてスッキリ見せたい場合は、大ぶりブローチとショートネックレスの組み合わせ。視線をデコルテに集めて、ネックレスも短いもので、ブローチと高さを合わせて。
背が高い方は、ロングネックレスに縦のラインを強調したブローチを合わせるのも素敵ですね!
 (9334)

フォーマル感のある重ね付け

襟もとにデザインのあるワンピース・ブラウスや素材感のあるジャケットを着るなら、ピアスやイヤリングの耳元のアクセントとコサージュですらりとバランスよく見せるのがおすすめ。シックなカラーのコサージュとモダンな大振りのピアスは品よく、華やかに仕上げてくれます。
 (9338)

いかがでしたでしょうか?ご卒業、ご入学など新生活が始まる春はフォーマルな着こなしの出番も多いもの。セレモニーのスーツを違った雰囲気に見せたい、ONタイムで着ているジャケットやブラウスのセットアップ・ワンピースを式典で着るためドレスアップしたい、などの場合は、ぜひブローチの重ね付けで華やかに!
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

意外と迷う?子どもの発表会やお遊戯会でのおすすめママコーデ術!

意外と迷う?子どもの発表会やお遊戯会でのおすすめママコーデ術!

お子様が大きくなるにつれて、幼稚園や保育園でのお遊戯会、また習い事をしているのであれば発表会の機会は増えることでしょう。せっかくのお子様の晴れ舞台、ママやパパも素敵なコーデで観にいきたいですよね。今回は発表会の種類別におすすめのママコーデをご紹介していきます。
お子様のセレモニーにご活用頂き好評でした♪

お子様のセレモニーにご活用頂き好評でした♪

入園・卒園・卒業・入学式、お子様のセレモニーのシーズンですね。 今年もたくさんのお客様からアクセサリーのリクエストを頂きました♪ ご家族の大切な記念の日にスパークルボックスのアクセサリーをご利用いただき本当に幸栄です☆彡 とっても嬉しいコメントを頂いたのでご紹介させていただきます。
本当にそれで行くつもり?絶対に避けるべき結婚式コーデ

本当にそれで行くつもり?絶対に避けるべき結婚式コーデ

友達や親せきの結婚式にお呼ばれしたら、会場や時間帯に合わせた服装で式に参加しなければなりません。マナーを無視した自分なりのコーディネートで出席してしまうと、自分だけでなく新郎新婦にも恥ずかしい思いをさせることになります。あなたのコーディネートは最低限のマナーをわきまえたものでしょうか。正しいルールをおさらいして今一度コーディネートを見直してみましょう!
Sparkle Box編集部 | 1,444 view
女性らしさの象徴パールはなぜこんなに人気?

女性らしさの象徴パールはなぜこんなに人気?

美しい宝石たちのなかでも、一際女性たちから高い支持を集めるのが「パール」です。このサイトでも、何度パールをおすすめしてきたかわかりません(笑)。しかし、パールはいったいいつからこれほど多くの人に愛されるようになったのでしょうか。今のような人気に至るまで、世界最古の宝石とも呼ばれるパールには、きっとさまざまな歴史が詰まっているはず。そこで今回は、パールの持つ歴史と魅力に迫ってみました。
卒園式、卒業式、美ママのコサージュの選び方と付け方は?

卒園式、卒業式、美ママのコサージュの選び方と付け方は?

子どもの卒園式や卒業式、どのようなファッションで参加すれば良いのか悩んでしまうママも多いですよね。今回は、ファッションの中でも特にコサージュに注目! どんなコサージュを選べばいいのか?付け方に秘訣はあるのか?などにフォーカスしていきましょう♪
Sparkle Box編集部 | 7,064 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Sparkle Box編集部 Sparkle Box編集部