2017年4月4日 更新

【クチコミ実践!】うでを細見えさせるには?ブレスレット・バングルの効果とポイントとは?

暖かくなってくると腕をまくったり半袖のシャツを着たりして、手首を露出する機会が多くなりますよね。シンプルなコーディネートのアクセントにはブレスレットやバングルなどの、手首につけるアクセサリーが最適です。今回はお花見やGWのお出かけで気軽につけられるブレスレットやバングルをピックアップしてみました!

142 view お気に入り 0

腕を細く見せるならブレスレットで手首を強調!

Instagram (4695)

ブレスレットやバングルをつけると、腕で一番細い手首に視線を集めることができるので、腕を細く見せることができます!上の写真のように華奢なブレスレットを単独でつけるとコーディネートが女性らしい印象に。

カジュアルなコーディネートがお好みの方には大ぶりなブレスレットやバングルがおすすめです。相対的に腕が細く見えるだけでなく、シンプルな服と合わせてもコーディネートが地味にならないのでお出かけにはぴったりです♪

つけるだけでワンランク上のオシャレが楽しめるブレスレットやバングルですが、ポイントを外すとダサくも見えることもあって、選び方に困ってしまいませんか?
ここからは、ブレスレットの重ねづけテクニックと重ねてつけても馴染みやすいアイテムをご紹介します!

どんなシーンにも合わせやすいシンプルなブレスレット・バングル

Instagram (4698)

同系色のアイテムを重ねづけした統一感のある組み合わせはシーンを選ばずコーディネートに取り入れることができます。ピンクとシルバーはどんな肌色にも合わせやすく、カジュアルなコーディネートも簡単に格上げできると評判の組み合わせ。ブレスレットと指輪の柔らかいピンクがシルバーの堅さを上手に馴染ませていますね。このように、シンプルなアイテムは組み合わせて使うと、コーディネートにこなれ感が出ます。
ゴールドのバングルが2つセットになったこの商品。1本で使うならシルバーの他のブレスレットとの相性も◎。2つセットで使うなら、あえて他のものとは合わせず夜のパーティーなどでシックに使いたいですね。
 (4702)

よーく見ると左右で少し幅が違います。色や形に存在感があるのでがっつり手首に視線をキャッチでき、細見え効果が狙えます。バングルの直径は平均的なサイズなので、つけるときに手のひらをすぼめれば誰にでも使えるアイテムです!
T字のゴールドのバングルと細身のシルバーカフが2本ついたセットなら使い方も自由自在!太めのアクセサリーを細めのアイテムで馴染ませるのは定番テクですが、実際はアイテムを揃えるのに苦労しがちなので、3本セットはとっても便利です!
 (4705)

 (4706)

このバングルは手のひらをすぼめてつけるのではなく、バングルの切れ目に手首を差し込む形でつけます。シルバーの2本は簡単に着脱できますが、ゴールドのカフは丈夫で切れ目の幅も狭いので、腕につける際は慎重に隙間を広げてつけるといいですよ!
こちらはクールな印象のチェーンブレス。光沢を抑えたシルバーの太いチェーンと色が少しずつ違う細いチェーンが5連になっています。ひとつのアイテムで重ねづけ風になるのはズボラ女子にもありがたいですね!
 (4709)

モノトーンでクールに決めたいときやコーディネートがガーリーになりすぎたときのアクセントに良さそうなアイテムですね。ホワイトのチェーンは使い込むほどヴィンテージの風合いが出るのだそう。シーズンやシーンを問わずに自分らしさをアピールできるブレスレットですね!

存在感のあるアイテムで目線をキャッチ!

Instagram (4711)

シンプルなコーディネートには存在感のあるブレスレットやバングルを足して雰囲気を出すのがポイント!色や形、素材にこだわってアイテムを選べば、普段のお出かけにも特別なリゾートも合うコーディネートが作れます!手元がちょっと物足りないときのプラスアイテムには、大きさや太さのあるものを使いましょう!
海外で注目のブランド House of Harlow 1960 のバングルは重量感のある見た目がオシャレ!写真ではわかりにくいですが、留め金部分についたゴールドのアクセントは裏にもついておりどこから見ても華やかな印象です!
 (4715)

このバングルはゴールドの飾りの真ん中から開いて、手首全体を挟む形で着脱します。バングルと手首の間に余分な空間ができないので、つけていることを忘れそうなフィット感です。PCの操作にも邪魔にならないので職場でも使えそうですよ!

YOCHI(ヨキ)ウッド調ビーズ ブレスレットアイボリー

6,050
素材:ウッドビーズ・幅:約26.0mm・内径:約50.0〜150.0mm・重量:約30.2g
ウッド調のアイテムは春夏の外出にぴったり!シンプルなロング丈ワンピースにこのブレスレットと帽子をかぶれば、たちまちリゾート感が演出できます。GWのお出かけ用にいかがでしょうか?
 (4718)

つけた感じはとっても軽くて、ゴムが手首にストレスなくフィットします。アイボリーのウッドビーズのなかに大ぶりなシルバーのパーツがひとつだけ混ざっているので、華やかさとナチュラルさの相乗効果でワンランク上のオシャレが楽しめそうです。

marissa(マリッサ)天然石ブレスレット(マグネット留め)ターコイズ 18cm

3,800
素材:ターコイズ・ビーズ・マグネット留め具、長さ:18cm、留め具ビジュー:1.3cm
暖かい季節はどうしてもターコイズブルーに惹かれてしまう私が最後にご紹介するのはこのブレスレット!肌に馴染みやすいゴールドのビーズチェーンとガラスビーズのきらめきが春の小川のようでとっても爽やかです!
 (4722)

 (4721)

写真中央の銀色の球体が留め具になっており、マグネットタイプなので着脱も簡単です!ピーズのアクセサリーは無理な着脱で糸が切れがちですが、その心配も無用。天然石とビーズの色合いが絶妙にマッチした初夏向けのブレスレットでした!

バングルやブレスレットは何個あっても足りない!

重ねづけが楽しいブレスレットやバングルなら何個あっても無駄になりません!お気に入りのアイテムをコーディネートに取り入れれば、華奢な部分が強調され腕が細く見えるうえ、個性的なデザインで自分らしさをアピールできます!この春をオシャレに過ごすために、スパークルボックスでお気に入りのアイテムを探してみてはいかがでしょうか?
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

17SSトレンドの肌見せトップス合わせ技!アクセサリーで輝くデコルテに♪

17SSトレンドの肌見せトップス合わせ技!アクセサリーで輝くデコルテに♪

この春に続いて夏も大流行の予感の肌見せトップス。オフショルダーに代表されるデコルテや首筋を見せるトップスは今っぽいだけでなく、着る人を女性らしく華奢に見せてくれることで人気を集めています。今回はそんな肌見せトップスのコーデをより素敵に見せるアクセサリーをご紹介します♪
【クチコミ実践!】顔周りをキレイ見えさせるには?明るい印象になるアクセサリーとは?

【クチコミ実践!】顔周りをキレイ見えさせるには?明るい印象になるアクセサリーとは?

「なんだか表情がパッとしない」「疲れている印象をもたれる」など顔周りの印象でお悩みの方はいませんか?疲れていたり落ち込んでいたりするわけじゃないのに「なんか疲れてそうだね」と言われるのは嫌ですよね…。実は、アクセサリーで顔周りのイメージを変えることができるんです!今日は実際にスパークルボックスのアクセサリーを付けて違いを実証していきたいと思います!
梅雨のジメジメを吹き飛ばす、気分がアガるアクセサリー

梅雨のジメジメを吹き飛ばす、気分がアガるアクセサリー

蒸し暑くて、ジメジメして雨だらけの季節…そうです、梅雨です。空気がじっとりしている梅雨の季節はなんだか気分もドンヨリしてしまいますよね。気分がドンヨリしてしまうと仕事にも身が入らなかったり、休日にお出かけするのも億劫と感じてしまったりする人も多いはず。そんなドンヨリ気分をアゲるための必需品はアクセサリーです!今年の梅雨はオシャレなアクセサリーを身に付けてドンヨリ気分を吹き飛ばしましょう!
1.5次会の結婚パーティー、どんなアクセサリーがよいの?

1.5次会の結婚パーティー、どんなアクセサリーがよいの?

披露宴ほどフォーマルな式典ではないけれど、新郎新婦の友達だけが集まる二次会とは違って、親族も同席するのが結婚披露パーティー(通称1.5次会)の特徴です。最近は海外や地方の会場で近親者もしくは2人だけで挙式を済ませたカップルが、お世話になった人たちに結婚をお披露目する意味で1.5次会を開くことが増えています。
お客様のリクエストにスタイリストがお答えします!(結婚式編)

お客様のリクエストにスタイリストがお答えします!(結婚式編)

スパークルボックスでは、スタイリングの相談をスタイリストに無料でできます。今回は、実際にスパークルボックスのお客様からのご相談にスタイリストがどう回答したかを公開します! 「結婚式や二次会に出席するとき、どうやってアクセサリーを選んだらいいかわからない……」「プロの目でアクセサリーを選んでほしい!」スパークルボックスはお客様のそんな声にお応えして、プロのスタイリストがそれぞれの方にぴったりのアクセサリーを選ばせていただくサービスを行っています。今回は、実際にあったお客様のリクエストとスタイリストによるアクセサリー選びのやり取りを大公開!ぜひ参考にしてみてくださいね♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Sparkle Box編集部