自分に似合う
ネックレスの選び方

コーデのポイントになる「ネックレス」。それ1本で服の印象をガラリと変えることも。
自分の体型やスタイルにあったもの選ぶことで、よりオシャレ上級者、洗練された印象を演出できます。

ショートネックレス編

35cm/チョーカータイプ

チョーカータイプは、約35~40cm弱。比較的誰にでも似合う長さで、合わせやすく、使いやすいため、活躍シーンも多数。

活用シーン:普段使い、オフィス、オフ、パーティなどマルチに活躍します。

40〜45cm/プリンセスタイプ

プリンセスタイプは、約40~43cm弱。チョーカータイプよりは首周りに少し余裕があり、すっきりした首のラインを演出。ドレスと合わせると一番上品で美しく見えるのがポイント。

活用シーン:ワンピースやドレスに合わせて。

50〜60cm/マチネタイプ

マチネタイプは、長さ50cm-55cm前後のもの。トップの部分が胸元のあたりにくるので、ペンダントトップは大ぶりなデザインのものがオススメです。

活用シーン:ワンピースやニットに合わせてカジュアルに!

ロングネックレス編

80-90cm/オペラタイプ

オペラタイプは、長さ80cm-90cm前後のロングタイプ。シンプルなニットワンピやパーティドレスなどと合わせやすいのが特徴。

活用シーン:ゆったりめのワンピやパーティドレスなどと合わせて上品に!

100-120cm/ロープタイプ

ロープタイプは、長さ110cm−120cmのロングネックレス。オペラタイプよりさらにボリュームアップしたタイプでカジュアルからフォーマルまでどんなスタイルにもマッチ。そのまま着けてもよし、二重、三重にしてみたり、軽く結んでアクセント、などいろいろな楽しみ方がでいます。

活用シーン:普段使い、パーティなどマルチに。

体型編

首が短かい・太い

首回りをすっきり見せるプリンセスタイプや、ロングネックレスがオススメ!控えたいのはチョーカータイプや太いチェーンのボリュームデザイン。より首の短さを強調することに。

首が長い・細い

チョーカータイプ、大ぶりなコスチュームジュエリーで、首元のボリュームアップをしてバランスよく。ロングネックレスをする時は、長さを強調しすぎないよう、バランスを重視してみて!

小柄なタイプ

短めで小さなタイプのほうが、全体にすっきりまとまり、可愛らしく見せてくれます。大きいもの、太いもの、ロングタイプなど、 垂れ下がるデザインのものは華奢さを強調するので、全体にバランスを上に上に持ってくるのがオススメ。

長身タイプ

大ぶりなコスチュームジュエリーや、ロングネックレス、華奢なプリンセスタイプなど、全体のバランスを引き立てるのにぴったり。細いリングをメッシュのように編んだものなど、面積があっても透け感がある軽やかなデザインもオススメです。